板前パンダの家庭料理!和食歴16年の調理師が全てを伝えます!

日本料理を始めて15年!家庭で作れる日本料理のご紹介です!

安くて美味しいおつまみ ごぼうの唐揚げ🎶

スポンサーリンク

こちらは今年、京都に食べに行きました

「山元麵蔵」さんのごぼうの天ぷらです!

f:id:cook18:20190619174120j:image

3月から5月にかけて新牛蒡が出始めたのをみてつい食べたくなってきました!

時期としてはもう名残の季節となっていますが、ごぼうって年中美味しいですよね!

香り・食感・味全ていい🎶

この写真を見てたらごぼう食べたくなりましたね!

天ぷらも美味しいですけど私は唐揚げにしてます!

 

 

 

牛蒡の唐揚げ

 

 

牛蒡というのはポリフェノールも多く含まれていて体にもいいですよね!

使う際の大きなポイントは

「皮をむかない」

「水にさらさずすぐ調理する」

「大きめに切る」

というのが条件になっています。

ただ皮についている土は落とさないといけないので軽くたわしなどで洗ってください。

また水にさらしていると茶褐色に水が変色しますが、この色がなくなるとポリフェノールはなくなってしまうので、水にさらす時間はできるだけ短くした方がいいですよ!

以上のポイントから私は牛蒡を炊くときは水から茹でて炊くのではなく、下茹でせずそのまま出汁で炊いています。

 

材料

ごぼう        1本

 

出汁           400cc

味醂           50cc

濃口醤油    25cc

薄口醤油    25cc

 


作り方

1.ごぼうは10センチ長さに切り、太いところは縦に4つ割り、細いところは2つ割りにして水にさらしておきます。

2.合わせ出汁の中にごぼうを入れて火にかけ一煮立ちさせます。

(炊きすぎると食感がなくなるので注意!)

3.鍋底を氷水につけて冷やしタッパにいれて1日おきます。

4.片栗粉をまぶし160度のあぶらでカリッとするまであげてお好みで塩とレモンをそえます。

 

ポイント

※揚げる時も揚げすぎるとしゃきしゃきの食感がなくなってしまうので表面がカリッとしたらオッケーです。

 

ごぼう以外にも大根・レンコン・じゃがいもなど根菜でアレンジできますよー!

 

※写真では隣にカレー塩が添えてありますがゆかり塩山椒塩も相性がいいのでご紹介します。

まずどの素材に合わせる場合でも塩はフライパンで空煎りしておきます。

焼いて香りも増えますし、完全に水分がなくなりサラサラになります。

その後、バットに新聞紙をひいた上に乗せ、たいらに馴らした後は冷めるまでおいておきます。

 

山椒塩

焼塩  大さじ1

粉山椒 小さじ0.5

 

ゆかり塩

焼き塩 大さじ1

ゆかり 小さじ1

 

カレー塩

焼き塩 大さじ1

カレー粉 小さじ0.5

 

どれも香りがある素材ですので蓋つきの密封瓶で保存しておいてください。

大体保存期間はどれも1か月ぐらいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

家庭料理ランキング